予備校部案内

…思慮と真実とにおいて、われわれの精神をも、できるだけすぐれたものに…

『ソクラテスの弁明』より

特色

  • 概ね、1対1または1対2の個別対応で、家庭教師以上の責任感あふれる指導です。
  • 校長自身、全教科を教えるため、一人ひとりの状況を全教科にわたって具体的に把握できます。その為、科目ごとの比重のかけ方に適切な判断ができ、総合的な指導ときめ細かな対応ができます。
  • 一人ひとりに合わせた指導で無駄の少ない学習ができます。
  • 各人の志望校と教科の得意・不得意により、一人ひとりに合わせて時間割を作成します。
  • 定期的に模擬試験を実施し、学力の向上を確認します。(月1回程度)
  • 経費をおさえて、良心的な月謝を心がけています。
  • 月謝制なので、入学はいつからでも可能です。
  • 質問も自由です。
  • 県立図書館・県立桜井高校・多肥小学校などの文教施設が間近にある文教地区に立地します。

教育方針

  • 先生と各生徒さんとの信頼関係を大事にして、一年間の受験勉強を勝ち抜きます。
  • 各生徒さんの父親になったつもりで、勉強はもちろん、何でも相談に乗ります。
  • 厳しくも温かい指導で、必ず栄冠を勝ち取れるよう努力します。

大学受験科

一人ひとりの生徒さんの実力に合わせ着実に力がつくよう一人ひとり指導いたします。浪人生でも社会人、中退生でも可能です。
すべての国公立・私立が対象です。
進研模試・全国高校共通テストで実力の伸びを確認します。

開講教科

数学
  • 数学I・A
  • 数学II・B
  • 数学III
英語
  • English Course I・II
  • English Communication I・II・III
  • English Reading
  • English Writing
  • 英語表現 I・II
  • 英語会話
国語
  • 現代文
  • 古文
  • 漢文
  • 文学史
  • 漢字演習
理科
  • 科学と人間生活
  • 物理基礎
  • 化学基礎
  • 生物基礎
  • 地学基礎
  • 物理
  • 化学
  • 生物
  • 地学
地歴公民
  • 日本史
  • 世界史
  • 地理
  • 現代社会
  • 倫理
  • 政治・経済

カリキュラム

4〜6月
を重点的に基礎力養成。
7〜8月
を重点的に基礎力養成。
9、10、11月
5教科を完成。
12月〜センター試験
センター対策。
センター試験〜前期入試
前期入試対策。
前期入試〜後期入試
後期入試対策。
教科 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月〜センター試験 センター試験
〜 前期入試
前期入試 〜 後期入試

(選択)

(選択)
小論
面接
養成期 養成期 5教科完成期 センター対策期 前期 後期
  • 各期の終わりに実力向上度を確認し、次期の対策を立てます。
  • 日曜日および祝日法による休日はお休みです。
  • 月に5週ある曜日はそのうち1日休みです。

授業概要

英語

校長自ら長年にわたって読んできた多くの英文の中からエッセンスを抜き取り、教材として活用する。その現実に即した解りやすい解釈は定評がある。先生自ら、英文を楽しみ、人生や社会に思いをはせる。英文法と英作文もベテランである。

数学

この教科は何と言っても校長自身、学生時代から努力と精進を重ねた血と涙の結晶である。ひときわ情熱を込めて教える教科である。そして、多くの学生さんたちの、暗雲を払ってきた。二次関数を初めとして微積までその問題解決の手腕は抜群である。数IIIの講義も問題ない。

国語

現代文

長年培ってきた多くの問題から、そのエッセンスを選び出して教材とする。評論の解法は当学院の独特のテクニックを教える。先生自身、詩・短歌・俳句の興味がある。

古文

古典傑作源氏物語に初まって枕草子、情熱的な恋愛日記和泉式部日記、建礼門院右京大夫集、平家物語、大鏡など古典への魅力は尽きない。これらを楽しみながら解釈し、問題に挑む。

漢文

戦乱の中で人生を問う史記・十八史略。また孔子・孟子・荀子の人生訓。白氏文集・唐詩選などを味わいながら我々の心の糧とする。そして文章読解力を高め問題に挑む。

理科

化学

計算問題と理論問題とが半々である。計算問題は的確な説明と問題演習で力をつける。

理論問題は原子軌道とイオン、電池と電気分解、金属イオンの分離・確認、そして有機等を明快な説明で授業を進める。

生物

細胞と代謝、生殖と発生、生物の環境応答、DNAポリメラーゼによりリーディング鎖とラギング鎖が合成されるというDNA複製の仕組み等を明快に講義しながら、問題演習で記憶を確かなものとしていく。

地学

我々が住んでいる地球と宇宙空間に関する学問であり、興味深い勉強である。

地球の構造と活動、大気と海洋、地球の歴史と環境そして宇宙。我々の生活環境で起こっている事実を明らかにしてゆきながら、楽しく勉強しよう。

物理

我々の身の回りの物理現象に規則性を見出し、これを数式で表し、この数式を元にいろいろな現象を解明する学問である。我々はこの数式をよく理解し、これらを駆使できる実力を養えば良いのである。

運動・波・電気・磁気すべて解りやすい解説と問題演習の繰り返しで、実力を鍛錬する。原子と原子核そしてニュートリノは新しい分野であり、興味深い箇所である。

社会

日本史

歴史を学ぶことが、これからの人間の生き方のヒントとなる。

日本文化のあけぼのから農耕社会を経て、律令国家・貴族政治と進み国風文化が花開く。そして中世・近世・現代へと時代は進む。

その間、さまざまな人と社会が栄枯盛衰を繰り返して現代がある。その間の人類の過ちを繰り返さないためにも歴史を勉強するのである。

世界史

世界史になると、さらに広く複雑に絡み合う。

アフリカに人類が誕生し、文明が起こり、国家が生まれる。国家は栄枯盛衰を繰り返し、さまざまな政治形態のもとに文明が栄える。帝国や王朝のもとにその文化も花咲く。世界は次第に一体化して二度の世界大戦を経て、世界平和を模索する現代となる。文明が高度に成長した反面、環境問題・資源問題・宗教問題が起こり、多文化共存の方向を模索するようになる。

この間の歴史の流れを身につける。

地理

現在の世界を知る上で欠かせない知識で、地形・気候・産業それぞれ多様であり、固有の風土に固有の産業が栄える。農林水産業と鉱工業・情報・交通等である。貿易・環境・人口・食料・民族問題があり、国家群と国際協力についても学ぶ。

現代社会

現代の社会の現状を知る学問である。政府の役割・憲法と法律・経済の仕組み・青年の生き方・ボーダレスの国際社会など範囲は広い。

問題演習を繰り返しながら身につけてもらう。

倫理

浪人生ともなれば自分の人生についても考えるだろう。

ギリシアのアリストテレスは、我が校長の名にもある中庸を説いている。仁・恕・慈悲・愛などの美徳もある。

近代になって、ヒューマニズムが叫ばれるようなり、夢と自発性が言われている。受験に勝ち抜くためにも夢と自発性は重要である。

そして、人間中心主義と自然中心主義、節度ある充足的な生活態度、異文化理解、ノーマライゼイションと心のバリアフリーなどがこれからの時代必要である。

これら一連の倫理について学ぶ。

政治・経済

現代社会では公平な政治のもとに社会秩序が保たれる。その中で、我々は経済活動をして生計を立てている。

現在の日本の政治は民主政治である。この民主政治とこれを支える憲法とその三権分立また地方自治について学ぶ。

さらに、経済についても、国際法・国際政治・国際紛争についても学び、最後に政治や経済の諸問題について学ぶ。

入学金・月謝

入学金
一律20,000円
月謝

月謝は国公立・私立すべての大学に共通です。
受講教科・科目は、相談に応じます。
進研模試・全国高校共通テストで実力の伸びを確認します。

授業時間は各生徒さんの都合に応じて、自由に選べます。

大学受験科月謝表
授業時間 月謝
12時間 (週3時間) 13,200円
24時間 (週6時間) 26,400円
36時間 (週9時間) 38,000円
48時間 (週12時間) 49,000円
64時間 (週16時間) 66,500円
80時間 (週20時間) 83,000円

短大・専門学校受験科

入学金・月謝

入学金
一律15,000円
受講教科・科目は相談に応じます。

進研模試・全国高校共通テストで実力の伸びを確認します。

授業時間は各生徒さんの都合に応じて、自由に選べます。

短大・専門学校受験科月謝表
授業時間 月謝
8時間 (週2時間) 8,000円
12時間 (週3時間) 12,000円
16時間 (週4時間) 15,000円
24時間 (週6時間) 22,000円

高卒認定試験

教科書中心に基礎から解りやすく一人ひとり教えます。中学校での学習内容を一部忘れている方には、その箇所の復習もいたします。大学受験を視野に入れての指導も可能です。

  • 1年以内の合格率100% (当学院過去約20年間の実績)

やる気があれば、半年で全科目に合格できます。

実績例
Y. N.さんは中学卒業後、5年間のブランクを乗り越えて、半年で全科目に合格。

試験科目・合格要件

中退した高校で一部単位を取得していた場合、一部試験科目が免除される場合があります。

合格要件 (免除する科目を含む)
教科 試験科目 要件
国語
  • 国語
必修
地理歴史
  • 世界史A
  • 世界史B
2科目のうち1科目必修
  • 日本史A
  • 日本史B
  • 地理A
  • 地理B
4科目のうちいづれか1科目必修
公民
  • 現代社会
次の(イ)(ロ)のうちいづれか片方必修

  • (イ)『現代社会』の1科目
  • (ロ)『倫理』、『政治・経済』の2科目
  • 倫理
  • 政治・経済
数学
  • 数学
必修
理科
  • 科学と人間生活
  • 物理基礎
  • 化学基礎
  • 生物基礎
  • 地学基礎
以下の①、②のいずれかが必修

  • ①科学と人間生活の1科目と物理基礎・化学基礎・生物基礎・地学基礎のうち1科目 (合計2科目)
  • ②物理基礎・化学基礎・生物基礎・地学基礎のうち3科目 (合計3科目)
外国語
  • 英語
必修
文部科学省『高等学校卒業程度認定試験受験案内』より引用 (一部編集)

入学金・月謝

入学金
一律10,000円
月謝
受講教科・科目は相談に応じます。
授業時間は各生徒さんの都合に応じて、自由に選べます。

 

高卒認定試験科月謝表
授業時間 月謝
8時間 (週2時間) 8,000円
12時間 (週3時間) 12,000円
16時間 (週4時間) 16,000円
24時間 (週6時間) 23,000円
32時間 (週8時間) 30,000円
36時間 (週9時間) 33,000円
48時間 (週12時間) 39,000円

大学編入科

主に高専から大学への編入が対象です。

大学教養部の数学
  • 微積
  • 微分方程式
  • 偏微分
  • 重積分
  • 行列
  • 行列式
  • 固有値
大学教養部の物理
  • 力学
  • 電磁気学
  • その他
理系内容の英語
  • 読解
  • 英作文
  • 英文法
  • 連語
  • リスニング

入学金・月謝

入学金
一律20,000円
授業時間は各生徒さんの都合に応じて、自由に選べます。
大学編入科月謝表
授業時間 月謝 (数学または物理) 月謝 (英語)
8時間 (週2時間) 12,000円 9,600円
12時間 (週3時間) 18,000円 14,400円
24時間 (週6時間) 35,000円 27,000円
36時間 (週9時間) 49,000円 39,000円

資格試験科 (公務員・電験・測量士補・英検など)

一人ひとりの能力に合わせ、1対1または1対2程度で対応します。

開講教科

  • 数学
  • 英語
  • 国語
理科
  • 物理
  • 化学
  • 生物
  • 地学
地歴公民
  • 日本史
  • 世界史
  • 地理
  • 現代社会
  • 倫理
  • 政治・経済

入学金・月謝

入学金
一律10,000円
受講教科・科目は相談に応じます。
授業時間は各生徒さんの都合に応じて、自由に選べます。
資格試験科月謝表
授業時間 月謝
8時間 (週2時間) 8,000円
12時間 (週3時間) 12,000円
16時間 (週4時間) 16,000円
24時間 (週6時間) 23,000円
32時間 (週8時間) 29,000円
36時間 (週9時間) 33,000円
48時間 (週12時間) 45,000円

高校再受験科

  • 現在の高校を中退して別の高校を再受験したい人
  • すべての高校入試に失敗し、来年再受験したい人
  • など…

昼間の時間帯に、授業致します。受講科目は相談に応じます。

授業時間は各生徒さんの都合により、自由に選べます。

入学金・月謝

入学金 10,000円

高校再受験科月謝表
授業時間 月謝
12時間 (週3時間) 12,000円
24時間 (週6時間) 24,000円
36時間 (週9時間) 36,000円
48時間 (週12時間) 45,000円

申込方法

  1. まずお電話で瀬戸内学院 087-889-8739 (お花・早く・花咲く) までご連絡を。
  2. 日時を予約し、教室においで下さい。
  3. あなたの現在の実力と志望校を話し合い、必要なコースを選択します。
  4. 申込書に記入し、入学金と1ヶ月分の月謝をお支払い下されば申込完了です。
  5. 後日、さらに話し合い、時間割を決めて教材を準備します。その際、教材費を実費分だけいただきます。(各教科、1冊1,000円程度)

ご連絡先

周辺地図
Googleマップ
教室名
瀬戸内学院 多肥校
所在地
〒761-8076 香川県高松市多肥上町1200番地2 (桜井高校西側)
アクセス
ことでん琴平線太田駅より徒歩約13分、または、ことでんバスサンメッセ・川島・西植田線高松桜井高校前より徒歩約9分。
電話番号
(お花・早く・花咲く)

での紹介もご参照下さい。
当学院は、三豊市高瀬町に所在する同名の学校法人とは無関係です。